屋根で太陽光発電

太陽光発電は、実は家の屋根じゃなければできないわけではありません。
例えば、カーポートの屋根を利用することもできるし、また、庭でも利用することはできます。
ただ、太陽光発電を利用する場合に必要とするスペースや太陽の当たり方などを考えると、家庭の場合は屋根がベストといえます。
そんな屋根ですが、日本の家屋で利用されている屋根には様々な形があります。
その種類は本当に多種多様で、例えば切り妻とか、寄棟、入母屋、片流れ、陸屋根などがあります。
また、個性的な住宅等では、バタフライとかマンサード、かまぼこ屋根などを使用していることもあります。
その素材も様々で、瓦屋根やスレート屋根、板金屋根、銅版屋根などがあります。
.したがって、どんな家を建てるか、屋根の形はどうするか、そのような規則が定められているところでは別ですが、日本においては大体は様々な形の家が建っており、またその屋根の形や素材も様々となっています。
そのため、太陽光発電を屋根で行う場合、その屋根に合わせて施工する必要が出てきます。
また、太陽光モジュールを取り付けるための金具も、屋根の素材によって違ってくることもあります。
勿論、南向きの屋根にかなりの大きさがある場合はそんなに気にする必要がないこともあるかもしれません。
(この場合、外観に関しては気にしないことにします)ですが、あまり大きな屋根がない場合、南向きの屋根ではない場合など、実は様々な場合あるのです。
そんなときは、そこの屋根でできるだけ発電できるようにする必要が出てきます。
そのため、例えば三角形になっている太陽光モジュールを利用したりして、三角形の屋根に対応したり、様々な大きさのモジュールを利用して屋根に無駄なスペースをなるべく出さないようにする工夫が必要となります。
ちなみに、各メーカーによってさまざまなモジュールを開発しています。
自分の家の屋根はどのような形か、それによっても選択するメーカーが変わってくることもあります。