越谷市の太陽光発電システムと地震対策

日本列島はとにかく地震というものがあります。
毎日どこかで地震がおきていると言っても過言ではないでしょう。
しかも、おおきな地震がおきますと、その余震などもたびたびおこってきてしまう場合も多いのです。
余震などにそなえまして、日ごろからいろいろと考えていく必要があります。
その地震ですが、恐怖に考えている方の多くが注目しているのが太陽光発電システムです。
太陽光発電システムを越谷市でもちょっと怖く思っている方もいます。
地震が起きた時に太陽光パネルが屋根から落ちてくるのではないか、と思っているような方も少なくはありません。
太陽光パネルなのですが、重さは確かにあります。
その地震の時に落ちてきてしまいまして、2次災害を引き起こすのかということなのですが、その心配はほとんどないと思っても間違いはないようになっています。
まず太陽電池モジュールとその設置に使われる架台の重さは、同じ面積の和瓦に比べまして圧倒的に軽くなっています。
その重さは、20パーセントから30パーセントほどになってしまっているのです。
ですので、屋根としての負担というものはほとんどないと言っても過言ではありません。
そして科学的な検査もしっかりと行われています。
ねじれや振動などについても試験が行われているのです。
以上の事からほとんど大きな問題があることは心配ないと言ってもよろしいです。
また設計の段階で強度計算も行ってくれています。
もしも心配であるなら、メーカーによって基準に違いがありますのでそれを確認しておくべきです。