太陽光発電の平均的価格はどれくらいか

太陽光発電を導入する場合の費用としては、太陽光発電のシステムそのものの費用、また、設置費用、手続き等に関する諸経費などが必要となります。
では、太陽光発電ですが、その平均価格はどれくらいのなっているのでしょうか。
太陽光発電の平均価格は、大体180万円から200万円といわれています。
実際に支払う額に関しては国や地方自治体からの補助金などもあったりするので、もう少し安くなることもありますが、補助金の設定がない自治体もあるので、今回は補助金のことを考えないと大体これくらいとなるといわれています。
もちろん、これに関しては製造メーカーをどこにするか、また施工業者をどこに依頼するかでかなりの差が出てきます。
また、どの時期にそれを設置するかでも、実はかなりの費用の差が生まれることがありますちなみに、以前は国内メーカーがかなりのシェアを占めていました。
ですがここ数年、海外メーカ-もだんだんと参入してくるようになりました。
それにより、国内メーカーに比べて安い傾向にある海外メーカーとの価格競争が生まれたりもしています。
また、導入費用の目安は現在1kwあたり55万円といわれています。
現在、国からの補助金は1kwあたり55万円以下の場合に支給されているといわれているからです。
実は、2010年は65万円、2011年は60万円以下の場合に補助金が支給されていました。
ただ、年々太陽光発電の導入費用は安くなる傾向にあります。
そのため、補助金に関する設定もだんだんと低くなってきているといえます。
ということで、発電能力を3kwとする場合、55×3=165(万円)が大体の導入費用となります。
(一般的に発電能力は3~5kwのものがよく導入されています)もちろん、これは太陽光発電のシステムの費用と、工事費などの合計のものとなります。
実際に見積もり取った場合、1kwあたり55万円未満であれば、結構お得に太陽光発電を導入できているとも言えます。